ノンエーとパックス石鹸の役割

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ノンエーとパックス化粧石鹸Eの特徴と役割について

今回は太陽油脂から出ている
パックス化粧石けんEと
ノンエーのどっちがいいかを
考えてみます。

 

といっても結論は他の
自然派石けんと同じです。

 

ニキビ対策に特化しているか
していないかの違いです。

 

良し悪しで考えるのではなく
役割を意識してくださいね。

 

 

 

・太陽油脂の石鹸はどれも質が高い

 

 

 

パックス化粧石鹸Eは
歴史ある太陽油脂が発売している
とても質の高い石けんです。

 

成分は石けん素地、グリセリン、
トコフェロールの3つだけ。

 

合成酸化防止剤であるエデト酸やBHTなど
よく使われている化学成分は一切不使用。

 

誰が見ても良質なのがわかります。

 

会社の理念だけを見ても
良さそうだとわかりますね。

 

トコフェロールはビタミンEのことで
商品名のEはそのことを表します。

 

ちなみに太陽油脂は
パックスナチュロンというブランドで
他にもいろんな石鹸を出してますが、
どれもシンプルな構成は一緒です。

 

香り付けに天然ローズマリーや
レモングラス油を使ってるなどの
違いがあるだけで
どの商品も質は高いです。

 

値段も手頃なのがいいところです。

 

下手なスキンケア用品を買うより
こういう中小企業を応援することに
大きな意義があると思います。

 

ちなみに化粧石鹸Eは
アットコスメでもかなり評判がよく、
口コミが230件あるにも関わらず
平均が6.3と超高評価です!

 

満点が7点なのですが
有名なものほど評価が微妙なことは
よくあることです。

 

ニキビ対策で使ってる人もいて、
赤ニキビが引いてきたと
実感される方もいます。

 

 

 

・ノンエーとパックス化粧石鹸Eの違い

 

 

 

質の良い石鹸はどれも
ニキビ用として使うことができます。

 

ニキビケアとはスキンケアのことであり、
刺激は極力与えないのが鉄則。

 

どちらかというと好転よりも
悪化を阻止する意味合いが大きいです。

 

自然派石鹸となると
その意味がより強くなります。

 

ノンエーがそういう石鹸と少し違うのは
ニキビ治療目的もふくんでいること。

 

もちろんコンセプトでは
ニキビ防止目的になっていますが、
医薬部外品になってることからも
通常の化粧品よりは積極的に
ケアするという分類のものです。

 

ですから少しでも早く
ニキビを撃退したいのであれば
ノンエーのほうがいいです。

 

ふつうの良質石鹸の役割は
簡単にいうと低刺激だけですが、

 

ノンエーは低刺激に加えて
殺菌や保湿、抗炎症効果も兼ね備えた
器用な石鹸なんですね。

 

だから純粋な石鹸とは
比べにくいんですね。

 

質の悪いニキビスキンケアとなら
すごく比較しやすいのですが…(笑)