ノンエーでの洗顔後は?

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ノンエーで洗顔後、乾燥が気になるなら良質な保湿液を

ノンエーは正しく使えば洗顔後もあまり突っ張らず
ある程度保湿することにもなる良質な石鹸です。

 

でも石鹸である以上、保湿液よりは効果が劣るため
人によっては十分に感じないものです。

 

そこで今回は洗顔後の基礎知識と
化粧水などについてお伝えしていきます。

 

 

 

・ノンエーが優れてるポイント

 

 

 

ノンエーが優れているのは固形石鹸であることです。

 

昔は固形石鹸がふつうだったと思いますが
最近は最初から泡立ってたり液体になってたりと
何かと便利になってるのでめんどくさいものに
なっちゃってるかもしれません。

 

例外はありますが石鹸のいいところは
弱アルカリ性であることと石鹸カスが残ることです。

 

弱アルカリ性の方が弱酸性よりも汚れがおとしやすく、
石鹸カスは常在菌の餌となって自然と肌が潤ってきます。

 

最近の洗顔料は酸性なことが多いため
そのぶん強めの合成界面活性剤が使われてる傾向があって
肌によくないんですね。

 

ノンエーはさらにニキビ用として開発されてるので
ふつうの石鹸とは一味も二味も違います。

 

潤い成分も含んでるのでつっぱり感が少なく
乾燥肌や敏感肌の方でも安心して使える特徴があります。

 

 

 

・洗顔後の保湿もノンエーが的確

 

 

 

ただ基本的には洗顔後の保湿は必要です。

 

ノンエーといえど洗う時間が長すぎると
肌がピリピリしてくるように
洗浄力はそれなりに強いと言われています。

 

そうじゃないと毛穴の汚れがあまり落とせないので・・・

 

あと保湿成分が含まれてるといっても
すぐ水で洗い流してしまいますので
保湿能力はお世辞にも高いとはいえません。

 

あくまで低刺激ってことなので
洗顔後はしっかり保湿したほうが
ニキビができにくくなってきます。

 

じゃあノンエーに合う化粧水は何かというと
やっぱり基本的には公式のやつですね。

 

初めて買った時についてくるアレです。
ローションとジェルがついてきたと思いますが
それらが保湿のメインになるもの。

 

もちろん保湿液は他にもごまんとあるので
あなたが気に入ったものを使うのが基本ですが
質は石鹸と同じくかなりいいと思います。

 

よりニキビ予防に特化した作りになっていて
ビタミンC誘導体も含まれてるので
ニキビ跡のケアにも使えます。

 

防腐剤の類ではパラベンを使ってないのはもちろん
フェノキシエタノールすら使っていません。

 

それはパラベンよりも刺激が少ないとして
代替品として利用する化粧品が多いですが
本当にこだわってるところはそれすら使いません。

 

もちろんジェルも同様ですね。
無理に両方使わなくてもいいですが
乾燥がひどいならジェルの方って感じでいいと思います。

 

お値段も石鹸より高いのでね。