ノンエーのライバルといえるものは
いろいろあるのですがノブもそのひとつ。

ノブの場合はよくあるチューブ型の
洗顔フォームですがけっこう有名で
人気のある商品のひとつです。

ノンエーも人気ですので
どちらがいいか迷ってる人もいると思います。

結論をいってしまうと
ノンエーの方がいいですね。

理由はやっぱり質です!

・ノブの特徴

ニキビケア用品は星の数ほどありますが
NOV(ノブ)はその中でも人気度合いは
トップの方に位置してると思います。

臨床皮膚医学に基づいて作られていて
ブランドとしても確立しているので
知名度もかなりの高さです。

ニキビ向けだけでもいろいろなシリーズがあり
思春期向けとか大人向けとか多種多様で
かなり力を込めているのがわかります。

シリーズに共通しているのは
ノンコメドジェニックテスト、
パッチテスト、アレルギーテスト済みということ。

Aシリーズはシンプルなケア向け(思春期向け)、
ACシリーズは乾燥肌向け、
ACアクティブシリーズはその名の通り
積極的にケアしたい人向けと区分けされてます。

簡単にいうとAが一番マイルドで、
アクティブが一番ハードってことになります。

アクティブシリーズはピーリング成分が
配合されてるので肌が強い人向けです。

プロアクティブと似た感じですが
肌質によって選択肢があるのは
評価できるポイントだと思います。

・ノブよりノンエーのほうがいい理由

ではノンエーとノブとを比較して
どちらのほうがいいのでしょうか。

どちらも個性があるものなので
一概には言えない部分もあるのですが、
総合的に見るとノンエーの方が
おすすめしたいものです。

一番気になったのはやはり成分です。

ノンエーの場合は安全性を
最も重視して作られていますので
とても安全性が高いです。

余計な添加物がほとんど入ってないのは
もちろんのこと、合成界面活性剤が
使われていないのが何より良いところ。

ノブは合成界面活性剤がメインの洗浄剤で
アクティブになるほど成分数も多くなってます。

一番マイルドなAシリーズの
アクネフォームですら使われています。

ACやACアクティブの洗顔フォームと比べたら
成分の数は少なくていいと思いますが
やはり合成界面活性剤が気になりますね。

それが長い目で見て肌の健康を
大きく左右することにつながるので・・・

ノブの方が値段が安いので
そっちに気持ちが傾きがちに
なるかもしれません。

でも固形石鹸とフォームでは
長持ち度合いも違いますので
そこも長い目で見てほしいですね。