ノンエーと化粧水の相性について

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ノンエー石けんは何の化粧水と相性がいいんですか?

ノンエー(石けん)と相性の良い化粧水はどれ?
と聞かれたらオーソドックスなのはもちろん、
ノンエーローションになります。

 

ノンエー 化粧水

 

公式から出してるのだから
相性がいいに決まってますよね(笑)

 

でも相性ってのは商品と比べるよりも
肌と比べて決める方がよいと思うので

 

別に公式とかライン使いにがっちり
拘らなくてもいいです。

 

特にこれといったこだわりがないのであれば
素直にノンエーローションでいいと思います。

 

・基本はノンエーローションでOK

 

ノンエーはとても質が良い石けんってことで有名で
刺激がほとんどないだけでなく、
同時に保湿効果もある便利な洗顔料です。

 

オイリー肌だったらもしかしたら
化粧水はいらないかもしれないですね。

 

でもノンエーを使う人のほとんどは大人だと思うので
基本的に洗顔後は保湿対策をするのがベターです。

 

肌が弱い人は正しい使い方をしたとしても
多少ツッパリ感がでると思います。

 

それはある程度洗浄力があるから仕方ないですが
弱い人ほど保湿は重要です。

 

そこでポイントとなるのが
ノンエーと相性のいい化粧水です。

 

化粧水は種類がありすぎて何がいいか
ただでさえ迷ってしまいますよね・・・

 

でもそんなに悩まなくてもOKです。
なぜならちゃんとノンエーの化粧水があるからです。

 

ノンエーローションっていうんですが
公式から出てる化粧水なので安心して使えます。

 

ノンエー=石けんと思ってる人も多そうですが
ちゃんと用意されてます^^

 

初回でついてくるおまけだけじゃないですね。

 

石鹸を購入するとお試しでローションもついてきます
気になる方はこちらにまとめているので
1度見てみてくださいね!

 

 

・見るべきポイントは安全性へのこだわり

 

でも必ずしもノンエーローションを選ぶ必要はありません。

 

選ぶ基準は公式や知名度ではなく
あなたの肌と合っているかです。

 

どんなに有名で口コミで好評なものでも
あなたの肌に合っていないと意味がありません。

 

もし評判だけで選ぶのならなんでもありになっちゃいますし
肌が弱いのにピーリング剤もOKってことになります。

 

選ぶ時にチェックすべきは安全性が高いかどうかです。

 

ノンエーみたいに肌に刺激となりそうな
余計な成分を使っていないような
こだわりがあるものがベターです。

 

だからおすすめされるものも
同じ有名な商品でも限られてくるんだと思います。

 

定番はリプロスキンとかビーグレンとかですね。
ただ、リプロスキンは浸透しやすい肌を作る為の
ブースター化粧水の位置づけですし、

 

ビーグレンなどはニキビ跡のケアが強いので
ノンエーのあとに化粧水を探すよりも
保湿ジェルの方が良いと思います。

 

保湿ジェルを探させている方は
男性ならスクリーノ、女性ならば
メルラインがオススメです。

 

どちらとも男女の肌質に合わせて
保湿成分を配合されています。

 

ニキビ スクリーノ
⇒スクリーノ公式サイト

 

ニキビ メルライン
⇒メルライン公式サイト

 

やっぱり本当にこだわってるところは
いろんなところで自然と勧められるんだなぁと
しみじみわかりますね。

 

なんだかんだでプライマリーが石鹸との
愛称を考えて作っているノンエーローションが
おすすめかもしれませんが、

 

僕は保湿は違うメーカーでいいと思います。
ちなみにノンエー公式だとリピーターには
安くはしてくれます^^

 

ノンエーの詳しい体験はコチラにまとめました。