ノンエーの界面活性剤について

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ノンエー石鹸に含まれる界面活性剤はどうなの?

ノンエーにも界面活性剤が含まれています。

 

界面活性剤にもいろいろあるので
すべてが皮膚に悪いわけではありません。

 

しかもノンエーの場合は弱アルカリ性なので
通常の石けんと比べて刺激が少ないのです。

 

ここがある意味ではノンエーの
最大の魅力ポイントだと思います。

 

 

 

・界面活性剤の是非

 

 

 

化粧品で注目度が上がってるのが
無添加であることですよね。

 

極力添加物を抑え、
天然系の成分を主体にして
低刺激な作りにしてるようなものです。

 

でも界面活性剤に関しては
そんなに注目されていません。

 

昔よりは関心度が高まっていますが
まだまだかなという印象が拭えません。

 

それこそが化粧品の根幹部分であり、
最もメーカーが伝えたくない
デリケートな部分でもあるからです。

 

石けんだけでなく化粧水や美容液など
ほとんどの製品に界面活性剤が
含まれています。

 

洗浄剤は界面活性剤そのものが主成分で、
化粧品や美容液はそれがなければ
成分を浸透させることができません。

 

なので必要悪な要素も内包しています。

 

界面活性剤は長く使うほど
肌のバリア層を貧弱化させ、
乾燥肌になりやすくなります。

 

それでは宣伝的にマイナスなので
あまり伝わっていないという現状もあります。

 

 

 

・ノンエーに含まれる界面活性剤

 

 

 

ノンエーは無添加で刺激が少ない
石けんということで定評がありますが
もちろん界面活性剤が含まれています。

 

でもそれが悪いというわけではありません。

 

そもそも界面活性剤こそが洗浄剤ですので
それがなければ矛盾してしまいます。

 

重要なのは界面活性剤の種類です。

 

天然系なのか合成系なのか。

 

ノンエーはもちろん前者なので
肌トラブルを起こす人がほぼほぼいないんです。

 

ラウリン酸はココナッツなどから
取れる天然の脂肪酸です。

 

石鹸素地は100%天然か不明ですが
カリウムを含有しているタイプなので
性質は弱アルカリ性なのがいいところです。

 

肌の性質と同じだからと
弱酸性がいいと言われるようになって
久しいですが汚れを落とすには
アルカリ性の方が優れています。

 

もちろん強アルカリだとまずいので
弱アルカリが最適になります。

 

巷の化粧品のほとんどはコストが安い
合成界面活性剤ばかり使用しています。

 

脱脂力が強いほどその傾向が強く
化粧落としがその典型ですね。

 

薬と同じで効果が強いものほど
体への悪影響が強くでてしまいます。

 

ニキビスキンケアと言われるものでも
界面活性剤をたくさん含むものは
ゴマンとありますので注意してください。

 

ノンエーはそこまでちゃんと
こだわってるからこそ
自然と伝わっていくんだと思います。