ノンエーでかぶれる心配は?

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ノンエーでかぶれる心配は基本的にないと言えるほど良質

ノンエーを使ってかぶれを起こすことは
ほとんどないと思われます。

 

それほど低刺激にもこだわっているので
よほどな敏感肌でないかぎり
リスクは少ないといえます。

 

化粧水や美容液も同じですね。

 

石鹸よりは少し成分が増える程度なので
質は同じく良いものです。

 

 

 

・かぶれについて

 

 

 

ノンエーが人気な理由はいろいろありますが
やはり質が良いことが根底にあると思います。

 

質が悪いもの(添加物が多いなど)、
サリチル酸などのピーリング剤が入ってるものは
肌に合わない人が多いので使いにくく、
人気に陰りが見えることがあります。

 

よくかぶれた話を耳にしますが
それは化粧品自体の質が悪い可能性も高いです。

 

そもそもかぶれとは何かというと、
専門用語では刺激性接触皮膚炎、
もしくはアレルギー性接触皮膚炎といいます。

 

症状としてはかゆみ、赤み、腫れ、
丘疹(きゅうしん:ぶつぶつのこと)、
小水疱などが現れます。

 

刺激性接触皮膚炎は誰でも起こりうることで
皮膚が敏感になっているときが起こりやすいです。

 

どんな成分でもある程度の刺激があるので
過敏に反応する状態だとリスクが高まります。

 

アレルギー性皮膚炎も誰でも起こりうる現象ですが
刺激性接触皮膚炎と違うのは免疫が
過剰になっていることです。

 

これは個々の生き方によって変わってきます。

 

普段から体に悪いものばかり食べていたら
抵抗力が弱まるので体をしっかり守ろうと
過剰な活動をしてしまうことで起きます。

 

アレルギーはどんな物質でも起こりえますが
どちらかというとケミカルなもの、
要は科学的(人工的)なもののほうが危険です。

 

 

 

・ノンエーのかぶれリスクはかなり低い

 

 

 

化粧品の場合はヘアカラーとかと違って
そんなに化学物質まみれになっていない
傾向があるかもしれませんが、
もちろんそれなりにリスクがあります。

 

基本的に界面活性剤を使ってるものなので
肌が慢性的に悪くなるリスクもあります。

 

とくに合成系は刺激も強いので
そのへんはちゃんと確かめたほうがいいですね。

 

ノンエーはそういったものは
ほとんど含んでいなかったと思います。

 

化粧品として売るためには
多少日持ちさせないといけないと
法律で決まってるので、
多少の保存料などは含まれています。

 

でもほんと最小限に作られてるので
リスクはかなり低いと客観的にいえます。

 

例外といえるのは超敏感肌の人です。

 

その状態だとどんな化粧品も使わず
水かお湯だけで対処するのが鉄則です。

 

肌の回復をある程度待ってから使わないと
それこそかぶれると思うので要注意です。