ノンエーで肌が痛い

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ノンエーを使うと肌が痛いのはなぜ?考えられる2つの理由

ノンエーは肌に優しいことで有名ですが
使うと痛いと感じる人もいます。

 

それはノンエーの性質にも関係があると思われますが
肌の状態のほうが関係は深いです。

 

敏感肌だとどんなものでも合わない可能性があるので
まずはそこをどうにかしないと始まりません。

 

 

 

・低刺激な石けんなのに痛い?

 

 

 

ノンエーは添加物や合成界面活性剤フリーの
とても良質な石けんです。

 

毛穴の汚れをしっかり落とせるうえに
低刺激なので多くの方に愛されてる実績があります。

 

使いやすく効果が実感できなければ
ロングセラーになるわけがないですよね。

 

でも中には肌に合わず痛みすら感じてしまうという
ちょっと意外な声も聞かれます。

 

理由は主に2つ考えられます。

 

1つは洗浄力が少々強めなこと。
言い換えるとノンエーの基本性質が関係してると思います。

 

知ってる人にとっては常識ですが
意外と知られていないのが弱アルカリ性ってこと。

 

昔から肌の性質に合わせた弱酸性がいいって言われてますが
それは刺激が少ないだけで洗浄力は悪いんですね。

 

アルカリ性のほうが皮脂汚れがよく落ちますが
刺激は少々強めになります。

 

もちろん弱アルカリ性なので低刺激な範囲ではありますが
それでも弱酸性と比べると強いので
痛みを感じる人がいても不思議じゃないです。

 

 

 

・ノンエーで痛みが出る本当の理由

 

 

 

重要なのは2つ目の理由です。
それは何かというとスキンケアの仕方です。

 

ニキビ肌歴が長い人ほど洗顔に余念がないと思いますが
もしやり方がおかしかったら肌が荒れ、
乾燥肌(敏感肌)になるのは必然です。

 

たとえノンエーのような低刺激な石けんでも
使い方を間違えれば肌に悪いものになります。

 

長くても30秒位で洗い流すべきで、
敏感肌だともっと短くてもいいくらいです。

 

おそらくそれより長く使ってる人が多そうですよね。

 

で、ノンエーで痛みが出るようなら
むしろやばいと思ったほうがいいです。

 

低刺激に定評がある洗顔料にも関わらず
痛いと感じるということは
相当肌が傷んでるってことを意味します。

 

それほどいままで肌に負担をかけるようなことを
してきたと思うのが自然です。

 

洗顔だけでなく化粧水や美容液、
メイキャップも全部含めて考えてみる必要があると思います。

 

一番問題なのは界面活性剤です。
成分を浸透させるために必要とされる成分ですが
長年使うと慢性的に肌の機能が壊れて乾燥していきます。

 

ノンエーにも界面活性剤が含まれていますが
石油由来の刺激が強いものではなく
肌のバリア層を無闇に壊しません。

 

ということで痛い主原因はノンエーではなく
スキンケアそのものだと思ったほうがいいですね。