ノンエーの泡立て方について

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ノンエーの泡立て方をご紹介 公式の説明では不十分です

ノンエーはニキビ予防に効果的な石鹸として有名ですが
もこもこ泡ってことも地味に人気があるポイントです。

 

手に乗っけて逆さにしても全く落ちる気配がはいほど
すごく泡立つのが特長でそれほどきめ細かく、
汚れが落としやすいことを表しています。

 

でもふつうの石鹸のようにやってもうまくいかないので
ちゃんとネットを使いましょう^^

 

 

 

・説明不足なノンエーの泡立て方

 

 

 

ノンエーのもこもこ泡は誰もが触りたくなる?
魅力的な見た目と使い心地です!

 

下手なホイップクリームよりおいしそう(笑)なくらい
不思議なほど泡立ってくれます。

 

もう泡立つっていうより膨れ上がったって感じです。

 

それが目当てで購入してる人もいるかもしれないですね(笑)

 

タオルとか炭とかも穴が小さいほど汚れや水分を
よく吸い取ってくれる性質があるように
石鹸の泡もきめ細かいほど能力が高くなります。

 

泡立てないと効果が落ちるわけではないと思いますが
どうせならしっかり泡立てて使いましょう!

 

そうじゃないともったいないと思うので。

 

ただ、問題は公式の説明が不足してること。

 

公式の画像での説明では、まず石鹸を手にとって
水かぬるま湯でゴルフボール2〜3個分の泡を作ります。

 

次に顔全体を包み込むようになでるように広げ、
決してこすらないよう注意する。

 

最後にぬるま湯で十分にすすぐって感じで
とてもシンプルでわかりやすいといえばぞうですが
肝心の泡立てる部分がちょっと・・・って感じです。

 

ふつうの石鹸を使うようなアナウンスの仕方ですが
それじゃあ宣伝ページにあるような
もっこりした泡を作るのは難しいと思います。

 

 

 

・泡立てるのが癖になるかも!?

 

 

 

本来の泡立て方は大体こんな感じです。

 

まずは泡立てネットにノンエー石けんをいれます。
ネットは付属品でもいいですし市販品でもいいと思います。

 

それから水かぬるま湯をつけますが
このときあんまりバシャッとつけすぎないのがポイント。

 

実は水分が少ないほうがよく泡立ちます。
水分が多いと泡が流れちゃうので。

 

それからある程度泡立つまでひたすらゴシゴシこすります。

 

ネットから石けんを取り出したあとは
ネットだけをまたゴシゴシこすります。

 

量的には公式でもいったとおり、
ゴルフボール2,3個分くらいで十分です。
あんまり多いとコスパに影響します(笑)

 

ネットに石けんを入れてる状態で
その量を泡立てないよう注意してください。

 

最終的に泡立てる工程はネットだけをこする時なので
最初にたくさん出すとそれだけ石けんの減りが
早くなってしまいます。

 

少し取り出した泡をいかに増やすか!って感じですね。

 

そして泡立てネットについた泡をしっかり絞るように取ります。

 

最初は面倒に感じるかもしれませんが
慣れるとこれが癖になります!

 

お試しあれ^^