ノンエーで赤みを解消

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加   

ノンエーは赤みを取る際にも有効なのかどうか?

ノンエーを使うことで
赤みの軽減も期待できます。

 

赤みはニキビ跡のひとつなので
なかなか治らない部類に入る症状ですが
無用な刺激を与えなければ
世間一般で言われているよりも
早く治るかもしれません。

 

結局スキンケアで一番大事なのは
いかに低刺激にこだわるかです。

 

 

 

・赤みの基礎知識

 

 

 

赤みはニキビ跡で最もよく見られるものです。

 

ニキビが重症化したことにより
皮膚が一時的に薄くなった状態です。

 

要は怪我をしたのと同じような感じですね。

 

通常は起こり得ないことですが
ニキビのケア方法を間違えると
そこまで悪化してしまうことも
ふつうになってしまっているのが実情です。

 

ニキビを長引かせなければ
そこまで白血球との戦いが激しくならず
跡はあまり残らないはずなので。

 

皮膚が薄くなると外部の刺激に
さらされやすくなり、
体にとっては非常事態です。

 

そのため血管を増やしたり血流を良くしたりして
傷の修復に努めます。

 

赤みは血管の色が透けて見える状態です。

 

薄いので刺激にも敏感になっていて
ケアする際はとても注意が必要な状態です。

 

普段ならなんともないのに
赤みがある部分はしみて痛いのは
それほどデリケートだということです。

 

 

 

・ノンエーが赤みにもいいと思う理由

 

 

 

ということであまりちょっかいを
出さないのが一番の解決法なのですが
そういうわけにもいかないですよね。

 

赤みだけならいいのですが、
大抵は他の赤ニキビや黄ニキビなどと
共存しているはずなので
どうしてもケアをしないといけません。

 

そういうときに大事なのが
徹底的に低刺激を意識することです。

 

通常の傷でもそうですが
余計な刺激を加えると治りが遅くなります。

 

ニキビスキンケアでは抗炎症作用が
よく注目されますが本当に大事なのは低刺激です。

 

ノンエーは低刺激にこだわりがある
類まれな洗顔石鹸ですので
赤み対策にも適していると思います。

 

もちろん抗炎症成分など
美容に良いとされる成分もいろいろ入ってますが
添加物がほぼ入ってないということのほうが大事です。

 

赤み=炎症はすぐに消したいと思う人も
多いかもしれませんが、
それも体にとっては重要な仕組みです。

 

増えすぎたニキビ菌などの常在菌を
調整するときにも役立ちますし、
ニキビ跡だと補修をする役目を果たします。

 

赤いと目立つのですぐ消したいと思うのも
無理はないですが下手に抑えても
傷の治りが遅くなるだけです。

 

そういう意味でも薬を使わず、
せめて刺激の少ない石鹸などで
ゆっくりケアしていくのが理想なんですね。